代表理事ご挨拶

このたび、私どもNPO法人パルレは 発達障害を持つ若者のための余暇を通した居場所支援を行うことになりました。 

 

なぜ発達障害の人に余暇活動が必要なのかといいますと、彼らにとって好きなこと、興味があることを十分やることで、他のいろいろな活動に広がっていくことが期待できるからです。 

 

また、「余暇」というと「あまったひま」という表記なので、勉強や仕事をやって残った時間で好きなことをするというイメージですが、発達障害の人にとって、余暇に好きなことを十分やりこむことが、二次障害になることを防ぐといわれています。 

代表理事 熊谷 恵美
代表理事 熊谷 恵美

 

ところが、現状では安心して余暇を楽しめる場所がありません。特に年齢が高くなればなるほどそうした場が少なくなります。発達障害の方は独特の狭い興味関心を深く堀り下げておられる場合が多いのですが、楽しさを他の人と共有したい、という気持ちもあります。彼らの深くて狭い興味に寄り添い、尊重し、応援する場にしたいと思っています。また今までやったことはないけど、やってみたいことがあれば、そうしたリクエストにもなるべく答えていきたいと思います。 

 

皆様のご理解、ご支援、応援、ぜひよろしくお願いいたします。